業務案内

コンクリート圧送工事の専門家です

株式会社中央圧送は、宮城県仙台市を中心にコンクリート圧送工事の専門業者として、東北の街づくりに貢献します。
コンクリート圧送工事とは、コンクリート運搬車で建設現場に生コンクリートを搬送し、
コンクリートポンプ車を使用して型枠内に生コンクリートを圧送し打込む、専門性のある工事です。
コンクリートは「生もの」です。扱いには経験に基づいたスキルと知識が必要となります。
当社では経験豊富なコンクリート圧送工事の専門家が、責任をもって施工致します。

保有車輌

大規模案件にも対応できる多様な車輌を保有しております。
  • 10t超コンクリートポンプ車
    型式 PY125-36A
    最大理論吐出量 103㎥/h
    最大理論吐出圧 5.9MPa
    アウトリガ幅 前7.6m
      後7.8m
    全長 11.98m
    全幅 2.49m
    全高 3.6m
    ブーム最大垂直リーチ 35.6m
  • 10tコンクリートポンプ車
    型式 11FB-324
    最大理論吐出量 115㎥/h
    最大理論吐出圧 5.0MPa
    アウトリガ幅 前6m
      後7m
    全長 10.86m
    全幅 2.49m
    全高 3.46m
    ブーム最大垂直リーチ 31.6m
  • 10tコンクリートポンプ車
    型式 11FB-303
    最大理論吐出量 110㎥/h
    最大理論吐出圧 4.9MPa
    アウトリガ幅 前6.46m
      後5.25m
    全長 11.98m
    全幅 2.49m
    全高 3.6m
    ブーム最大垂直リーチ 30.0m
  • 8tコンクリートポンプ車
    型式 PY115A-26C
    最大理論吐出量 100㎥/h
    最大理論吐出圧 5.6MPa
    アウトリガ幅 前5.43m
      後5.43m
    全長 9.8m
    全幅 2.49m
    全高 3.5m
    ブーム最大垂直リーチ 25.8m
  • 8tコンクリートポンプ車
    型式 PH75-25
    最大理論吐出量 75㎥/h
    最大理論吐出圧 25kg/c㎡
    アウトリガ幅 前5.27m
      後2.2m
    全長 8.88m
    全幅 2.49m
    全高 3.5m
    ブーム最大垂直リーチ 24.5m
  • 8tコンクリートポンプ車
    型式 11FB
    最大理論吐出量 110㎥/h
    最大理論吐出圧 4.9MPa
    アウトリガ幅 前4.18m
      後3.67m
    全長 9.1m
    全幅 2.49m
    全高 3.3m
    ブーム最大垂直リーチ 20.8m
  • 3.5tコンクリートポンプ車
    型式 PH50B-17
    最大理論吐出量 50㎥/h
    最大理論吐出圧 1.8MPa
    アウトリガ幅 前4.69m
      後2.68m
    全長 6.74m
    全幅 2.06m
    全高 2.79m
    ブーム最大垂直リーチ 17m
  • 3.5tコンクリートポンプ車
    型式 PS355
    最大理論吐出量 55㎥/h
    最大理論吐出圧  
    アウトリガ幅 前4.8m
        -
    全長 6.7m
    全幅 2.01m
    全高 2.84m
    ブーム最大垂直リーチ 17m

安全への取り組み

資格
技能検定合格証書
コンクリート圧送施工技能士
コンクリート圧送施工技能士は、コンクリート圧送工事現場での実施工における技能と知識・経験を検定する国家資格です。日本建築学会・土木学会など多くの工事仕様書で、コンクリート圧送施工技能士を品質確保の観点から優先起用、現場配置することが明記されています。
保有資格一覧
コンクリートポンプ車特別教育 10名
一級コンクリート圧送施工技能士 6名
二級コンクリート圧送施工技能士 4名
足場の組立て等特別教育 10名
職長・安全衛生責任者教育 1名
特定自主検査者(事業内検査者) 3名
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 10名
安全教育の徹底
  • コンクリートポンプ特別教育
    コンクリートポンプ特別教育再教育
    コンクリート圧送作業従事者は、労働安全衛生関係法令に基づく、「車両系建設機械(コンクリート打設用)の作業装置の操作の業務に係る特別教育」を修了することが義務づけられています。また、災害防止の観点から、コンクリートポンプ特別教育をすでに修了した者に対して、「3年に1度」の特別教育再教育も実施しています。
    当社では上記のどちらの教育にも積極的に取り組んでいます。
  • 全圧連「統一安全・技術講習会」の受講
    統一安全・技術講習会は、「コンクリート圧送工事業に係る自主安全・技術教育を、全国統一水準をもって実施し、コンクリート圧送技能者の育成と安全意識の高揚および高度な新技術を習得させるを以て、労働災害の完全撲滅を図る」ことを目的とした講習会です。この会は自主的な教育であり、法的な義務づけはありませんが、当社では年一回の受講を実施しています。
コンクリートポンプ車の点検・検査
車両系建設機械であるコンクリートポンプ車には、労働安全衛生法関係法令による以下の点検・検査が義務づけられています。
当社ではこれら法定点検・検査の遵守に日々努め、異常が発見された場合は直ちに適切な補修等を行います。
  • 作業開始前点検
    作業前にコンクリートポンプ車の状態をチェックします。作業装置など必要な事項を点検表に基づき、念入りに確認します。
  • 定期自主検査(月例検査)
    定期自主検査(月例検査)は、1ヶ月以内ごとに自主的に1回行い、その結果は3年間保存が必要です。
  • 定期自主検査(年次検査)
    定期自主検査(年次検査)は、1年以内ごとに自主的に1回行い、その結果は3年間保存が必要です。

工事実績一覧

工事名 注文者 工事期間
東北石油新設第一期工事 鹿島建設(株) 昭和45年10月から昭和46年8月まで
新仙台火力発電所第一期工事 (株)大林組 昭和46年6月から昭和47年11月まで
仙台新港ケーソン 五洋建設(株) 昭和46年6月から昭和47年3月まで
東北縦幹道路泉工区 三菱建設(株) 昭和48年6月から昭和50年1月まで
東北新幹線青木トンネル (株)奥村組 昭和51年2月から昭和53年3月まで
東洋製缶新築工事 (株)竹中工務店 昭和54年11月から昭和55年7月まで
丸紅ファミール榴ヶ岡新築工事 (株)竹中工務店 昭和56年6月から昭和57年2月まで
仙台市地下鉄 南北線(北行線) (株)奥村組、伊藤組土建
共同企業体
昭和57年7月から昭和57年12月まで
北部農業用水松ヶ房ダム工事 間組・竹中土木・住友
建設 共同企業体
昭和58年7月から昭和59年3月まで
仙南仙萎広域水道用水供給事業馬越石トンネル 三井建設(株) 昭和58年10月から昭和59年3月まで
仙台港沖坊ソーケン 五洋建設(株) 昭和62年6月から昭和63年3月まで
相馬中核工業団地東地区整備(その2)工事 大林組・熊谷組・
大成建設共同企業体
平成1年7月から平成1年9月まで
プラウド木町通新築工事 大木建設(株) 平成18年3月から平成18年9月まで
介護老人保健施設泉翔の里新築工事 (株)ナカノフドー建設 平成20年7月から平成21年3月まで
フジパン(株)仙台工場 (株)ナカノフドー建設 平成22年8月から平成23年2月まで
JXエネルギー仙台製油所本館事務所建設工事 (株)NIPPO 平成24年6月から平成24年9月まで
松島(23震災関連)格納庫改修工事 東急建設(株) 平成25年5月から平成25年12月まで
平成24年度(仮称)仙台市鹿野復興公営住宅新築工事 佐々良建設(株) 平成25年8月から平成26年6月まで
亘理下茨田復興公営住宅 (株)ビルド 平成26年4月から平成26年12月まで
七ヶ浜菖浦田地区災害公営住宅 (株)深松組 平成26年9月から平成27年7月まで
平成25年度(仮称)仙台霊屋復興公営住宅新築工事 同事建設(株) 平成26年6月から平成26年12月まで
燕沢造成工事・復興公営住宅 (株)仁田工務店 平成26年3月から平成27年2月まで
荒井南復興公営住宅 (株)阿部和工務店 平成27年3月から平成28年2月まで
たんぽぽクリニック 日本建設(株) 平成26年3月から平成27年1月まで
仙台荒井西復興公営住宅 仙建工業(株) 平成27年6月から平成27年10月まで
多賀城駅前マンション 大木建設(株) 平成27年1月から平成28年2月まで
六郷復興公営住宅新築工事 佐々良建設(株) 平成27年9月から平成28年3月まで
仙台市消防航空自衛隊 (株)阿部和工務店 平成29年2月から平成29年12月まで
二日町集合住宅 中城建設(株) 平成30年7月から平成31年3月まで
中央三丁目ホテル計画 (株)ナカノフドー建設 平成31年1月から現在
平成31年3月現在
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせはこちら
    022-286-1411
    営業時間 7:00~18:00(休業:第2・4土曜、日曜、祝日)